手汗を止める方法について説明します。

 

手汗を止める方法と言っても、架空の噂話も沢山ありますが、手のひらの汗を抑えられれば問題が解消されると思います。

 

 

その手汗を止めるには、まず手術という方法が単純明快でしょう。

 

最近では、手汗で悩んでいる人が増えているのが現状です。

 

手汗だけがひどい場合は、手掌多汗症という病気の可能性もあります。

 

人間は、緊張したりすると、誰でも手に汗が出ることがあります。

 

しかし、通常であれば、気持ちが落ち着けば汗は徐々に引いていきます。

 

これは人として全く当たり前に起こり得る事で問題ではありません。

 

ただ、手掌多汗症(てあせたかんしょう)という症状は、緊張していない時でも手が汗で湿った状態になります。

 

 

 

 

 

この手掌多汗症の原因は未だに解明していません。

 

 

 

 

 

しかし、交感神経の反応が強いことが原因のひとつだと考えられています。

 

手汗がひどい場合、専門の医師に相談して治療を行うことも検討しなければいけません。

 

 

 

手汗を止める制汗剤ランキングベスト3!

 

「TESARAN」(テサラン)

 

Yahooショッピング堂々1位!日本初!

 

手汗の制汗基礎クリーム「TESARAN」テサラン。

 

手汗対策に特化した業界初となる制汗基礎クリームとして最大72時間サラサラを実現します。

 

http://tesaran.net

 

 

 

「farine」(ファリネ)

 

farine(ファリネ)は、「手汗」対策制汗パウダー。

 

ワキ汗用の制汗剤とは違った成分と対策を取り、手汗のために開発されました。

 

http://farine.com

 

 

 

「フレナーラ」

 

フレナーラは、手汗対策用の制汗薬用ジェル。

 

手汗の原因であるエクリン線に効果があるようにジェルが汗腺に浸透し、気になる手汗を防いでくれます。

 

http://frenar.com

 

 

 

 

手汗を止める方法は大きく3つに分かれます。

手汗を止める手術を行う

 

手汗が気になる方は、この手術という方法もご存じだと思います。

 

あまりおススメ出来るといったものではありません。

 

その手術はETS手術といい、手汗を出す命令を出している交感神経を切除してしまうというやり方です。

 

費用は10万円前後かかりますが、高額療養費制度が適用されますからいくらか戻ってくる可能性があります。

 

 

手術に必要な時間は大体10分から20分程度で、基本的に入院する必要もありませんし、説明や麻酔のかかっている時間を入れても4時間ほどあれば帰宅できます。

 

この手術を受けることでそれまでの悩みの種だった手汗ともお別れできるので、ぜひ受けたいという方も少なくありません。

 

 

 

 

 

しかし実はこの方法には副作用があります。

 

 

 

 

それが代償性発汗というもので、手から出るはずの汗を出せなくなってしまうため、ももの裏や背中などから汗が大量にでてしまうのです。

 

この副作用は100%に近い確率で起きてしまいますし、それを改善する方法は今のところ発見されていません。

 

さらにせっかく手術をしたのに手汗が再発してしまう可能性も5%程度あります。

 

 

手汗をとめても他の場所から汗が大量にでてしまうのですから、どちらを選ぶのかというところでしょう。

 

手汗を我慢するか、それとも手じゃなければ汗をかいても良いのか、自分でよく考えてみるようにしましょう。

 

ちなみに手術をした跡はほとんどわかりませんから、水着や裸になった時などもさほど問題ないですが、副作用が怖いという方は、次の2つの方法に絞られてくるでしょう。

 

 

 

手汗を止める改善プログラム

 

最近は、手汗治療プログラムが話題となっていて、このプログラムは、手術をせずに3ヶ月で手掌多汗症を改善するプログラムです。

 

このプログラムでは、様々なアプローチによって、精神性の手汗を減らしていき、自律神経のバランスを整えます。

 

 

 

 

 

自律神経のバランスが崩れて交感神経が
優位になると、体は緊張状態になります。

 

 

 

 

手汗を大量にかく人は、体が常に緊張状態になっていることが多いです。

 

本人は緊張していなくても、脳が緊張していると判断すると、手汗が出るのです。

 

自律神経のバランスを整えることで、手汗を減らしていきます。

 

手汗を減らすには、不安を取り除くことが重要だと考えられています。

 

不安があると、不安が原因となって、さらに手汗が増えてしまいます。

 

 

 

 

 

その不安をなくして、
心を安心感で満たすことが大切です。

 

 

 

 

手汗治療プログラムは、最短で効果が実感できるようにプログラムが作られています。

 

ただ、この改善プログラムで、確実に手汗を無くす(止める)事ができるという訳ではありませんので注意して下さい。

 

 

 

手汗を止める制汗剤を使う

 

 

 

もう一つは、
手汗を止める制汗剤を使うという事です。

 

 

 

注意しなければいけないことは、薬局などで販売しているモノは、簡易な制汗剤で、手だけではなく、脇や足など身体全身に対応した商品です。

 

今までも、ドラッグストアで売っている制汗剤を使ってきたけどイマイチという人が大変多いのが現状です。

 

そこで最近急速に人気を集めているのが、部位限定の制汗剤が大人気で、手なら手汗限定、脇なら脇限定といった具合です。そのように、その部位ごとに研究され、部位にあった制汗剤が続々と発売されているのが現状です。

 

そして、手汗を止める制汗剤も様々で、パウダー状のものや、クリーム状のもの、ジェル状のものなど多岐にわたります。

 

手術まではしたくない!病院に通うまでもない!けど、手汗が本当に悩みである方は非常に多くおられます。

 

 

 

 

 

その様な方には、まず本気で手汗だけのためだけに
作られた制汗剤を使用することをおススメします。

 

その手汗を止めるための制汗剤が本当に効かない。

 

という事があるならば手汗治療プログラムに参加するか、手術を考えなければいけません。

 

手っ取り早く効果を感じたい人におススメなのが、ドラッグストアなどで販売している身体全身向けの制汗剤ではなく部位を徹底的に研究した本物の制汗剤です。

 

手術や通院と比べると、全然費用も掛からず手汗を止めるのですから。

 

 

 


手汗が止まらない場合の対処法

 

手汗がひどくて止まらない場合の対処法をお教えします。

 

 

 

 

 

汗のかく量というのは、
人によってかなり個人差があります。

 

 

 

 

ですので、同じ気象条件に居たとしても実際に汗をかく量というのは、全く異なってしまいます。

 

しかし、手汗だけがとても出るという人は体質的に元々手汗をかきやすい人と、ストレスなどによって一時的に汗をかいてしまう人2つのパターンに分けることができるでしょう。

 

それぞれ、抱えている悩みは同じ、「手汗止まらない」ということなので、それによる対処方法はおおよそ同じものになります。

 

 

 

 

 

ではいったいどうすればよいのでしょうか?

 

 

 

 

それは、手汗をかいてしまうことはまず覚悟してしまうことです。

 

そして次に、すでにかいてしまった手汗を、どう処理するかという問題になります。

 

 

例えば、速乾性能の非常に優れた手袋を付けるというのも1つの方法でしょう。

 

手袋もなにも付けていいないままだと、手がいつまでも湿っているので、とても不快な気分になってしまいます。

 

しかし、化学繊維などを利用した速乾性の手袋を付けて生活すると、繊維の間に汗が素早く吸収されます。

 

 

 

 

 

そのことにより、いつまでも手が湿っているという
不快感が解消されます。

 

 

 

 

その上、速乾性が驚くほど高いので、自分の手の汗の気化熱で手が涼しく感じることもあります。

 

その様な手袋をしても、汗が気になる、或いは手汗をかくこと自体を根本的に解決したいという方は、病院で手汗を治療できるか聞いてみましょう。

 

 

 

手汗足汗脇汗の対策方法

 

あなたの多汗症による、手汗足汗脇汗をかいてしまった時の対処法を簡単にご説明いたします。

 

体を激しく動かしたというわけでもないのに何故か手や足、或いは脇などに多量の汗をかいてしまい、困っているという人が以外とたくさんいます。

 

そういった人は、一度多汗症という症状を疑ってみましょう。

 

 

 

 

理由は様々あるのですが、一番にあげられる理由が普段の生活などで抱えているストレスや、精神的な問題が関係している可能性があります。

 

例えば、多くの人が集まっている所でスピーチをしなければならないといった状況や、そういった場所で自分が緊張していることを人に悟られてしまうのではないかといったことを考えてしまうと、多汗症の症状が発生してしまうことがあるでしょう。

 

実はこの症状は、ストレスが掛かった人にだけ起こるものではなく、交感神経が大きく関係していることにより引き起こされている場合や、ホルモンのバランスが崩れていることにより引き起こされている場合もあるのです。

 

 

様々な原因があるので、一概には言えませんがあなたが太っているのであれば、ダイエットすることにより多汗症が和らぐこともあります、その他珈琲を飲んだり喫煙などにより汗を過剰にかいてしまうということも考えられます。

 

安全の範囲内でそれらのことに対処してみてもよいかもしれません。

 

どうしても多汗症が治らないという人は、取りあえず病院に行き医師に相談するのが無難でしょう。

 

何事も無理をし過ぎるのは禁物です。